toggle

家庭備蓄の収納がリアルにわかる分類マップ・防災備蓄収納カードを受講して

分類マップ・防災備蓄収納カード講座を受講されたみなさまからのご感想を一部紹介いたします。

*公開の許可をいただいております。

 分類の大切さを深く学べました。2級で学んだことを実際に手を動かし目に見えるかたちで分類が出来たので理解が深まりました。じっくり取り組める時間があり、深く考えることができました。他の方のもゆっくり見たかったです。

龍田美穂さま

 分類から定位置管理までのプロセスが理解できました。とてもわかりやすく、ありがとうございました。ワークを通じて違いが良くわかりました。

S・Rさま

 具体的な分類のイメージが明確になりました。順序立てたワークはとても良かったです。これまでに学んできた分類について少し自信がありませんでしたが、立体的かつ自宅をイメージしたワークで分類の考え方が理解できました。わが家の防災、相談へのアドバイスの一助として活かしていけそうです。ありがとうございました。

M・Yさま

 立体的になるだけでわかりやすく、しかもカワイイ。モヤモヤしていた分類マップが視覚で理解できました。まだ、ワーク中に迷ってしまった所があったので違うパターンで復習していきたいと思います。

南あきこさま

 見える化し、分類することで、自宅に戻っても具体的に実践に移しやすいと感じました。

匿名希望さま

 改めて自宅の収納と照し合せてアウトプットしてはじめて理解出来た。いつもありがとうございます。

山口麻里さま

 息子2人がそれぞれ離れて生活しているのですが、2人とも住まいが狭く、仕事が忙しいため、防災について考える余裕がないようです。今日教えていただいたことを早速伝えたいと思います。ありがとうございました。カードを使うととてもわかりやすかったです。

木目田さま

 今まで混乱してたローリングストックと日常のストックの違いだと再認識、理解しているのですが、ローリングストックの名前に引っ掛かってしまします。

今現在の収納状態をアウトプット出来ました。

M・Yさま

 なかなか収納を分散させることが難しく、全て分散してしまうくらいでした。分類のやり方に問題があった点がスッキリしました。

E・Kさま

● 分類マップは奥が深く、学ぶと色々な事やモノに応用できると思いました。マップにカードとトレイを置くことで収納を意識でき、家に帰ってすぐに実践出来ると思います。

A・Kさま