toggle

代表あいさつ

東日本大震災発生から1年経った頃、私は、はじめて被災地を訪問しました。現地へ足を運び、実際に自分の目で見たその光景は正直言葉にはなりませんでした。

その体験が、私の専門である整理・収納の分野を活かして、何かお役に立つ方法はないかと考えるきっかけとなり、収納のプロの有志者を集い、2012年10月、【東北応援「チーム整理収納アドバイザー」】(代表 長柴美恵)を設立しました。メンバーと仮設住宅で収納に関するイベントの催し、仮設住居での収納実務作業など、5年間に渡り活動を行ってきました。何度も東北を訪問する中で、被災者の方々から震災時のことを聞かせていただきました。私がお聞きしたのはほんの一部のお話しにしか過ぎません。

 

被災地へ行きはじめてから間のなく、「私も自宅の備蓄を見直そう。自分でも何か出来ることがあるかも知れない」と思いはじめました。しかし、「うちだけ助かればいいのだろうか?」「わが家だけ食べ物があればいいのだろうか?」「隠れて食べるのか?」「いや、あげちゃうだろう」と単純に思い、「これはわが家だけが備えていればよいのではなく、みんなでやらなければ減災に至れない」ということに気付きました。

 

それからは、セミナーやイベント、情報収集、アンケート調査など、3年間に渡り実行・検証を行い、模索してきた中で、新事業の立ち上げを考えました。しかしここでも問題があり、1事業だけでは全国に広めることは出来ないと気付き、そこで、私の人生で予想もしていなかったことですが、一念発起し、協会の設立にまで至りました。

ちょうど設立準備の真っ最中の4月14日、熊本地震が発生いたしました。熊本に友人もいたため、本当に心配しました。熊本出身の知人が応援ツアーを用意してくれましたが、当協会のことで時間に空きがなく、参加することは叶いませんでした。このことからも私の覚悟が固まりました。

 

東北に限らず、被災された方々は、「まさか私が。まさかこの場所が。」と思われています。しかし、災害は決して人ごとではなく、いつどこで起こるかは誰にも予測できません。

いまは地震だけではなく、毎年必ず発生する風水害を無視することはできません。大規模な震災が起こるたびに「防災・減災」という言葉をメディアでも多く発信するようになり、協会設立の頃よりは災害意識も高まってきました。しかし、災害対策の重要性を理解しているにも関わらず、備えが足りない家庭や企業はまだまだ多くあります。「身近なところでいつ起きてもおかしくない」それがわかっているのに、防災備蓄が不十分なのはなぜでしょうか。

 

業務上、「防災備蓄のための収納場所がない」、「スペースを確保する余裕がない」というお声も沢山聞いてきました。また、備蓄をされていても管理がされておらず、どこかに紛れている現状も多く見てきました。

「何がどれくらい必要なのか」という防災備蓄の知識と「いざという時、すぐに正しく使える」仕組みを知れば、防災備蓄の確保は決して難しいことではありません。

 

Stock! Beauty & Smart. 正しい知識で美しく収納し備えよう

 

防災備蓄が当たり前の日本になりますように。

みなさまの防災備蓄への理解と意識が向上し、減災につながりますことを心より願い、これからも「防災備蓄収納」を広めて参ります。

2022年3月11日更新

代表理事 長柴 美恵

● 一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会  代表理事 長柴 美恵

東京都生まれ。埼玉県育ち。

父から受け継いだ事業から離れ、2006年3月に「収納ドクター」の看板を立上げる。『安心と快適で心が輝く住まいに変える』ことを使命とし、モノ、紙、時間を整理するコンサルタントとして、一般家庭のみならず、オフィス整理改善、企業との提携事業など活動幅を広げてきた。

2012年10月、東北応援チームを設立(代表 長柴美恵)。仮設住宅にて収納イベントや仮設住居での収納作業など、5年に渡る活動の中で、災害対策と防災備蓄の必要性を感じる。

3年間の実行検証を繰り返した結果、「防災備蓄が当たり前の日本」を目指し、2016年6月一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会を設立。防災備蓄のための収納プランナーの育成を行っている。

2018年度農林水産省『あって良かった!食糧の家庭備蓄懇談会』委員を務める。

企業、団体様での出張講演、メディア出演多数。3人の子どもを育て上げた母でもある。

防災備蓄収納プランナー/防災士/メンタルヘルスマネジメント(ラインケア)/調理師/危険物乙種4類/食品衛生責任者

【メディア実績】●こちらから

【講演実績】●こちらから