toggle
一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

減災を目指し「防災備蓄が当たり前の日本に!」安心で快適な暮らしを提供するプランナーを育成します

新たに事業所向けの講座が誕生しました

【防災備蓄収納】とは?

持っていれば良いのではなく、災害時にすぐに使える状態にしておくこと

家族を守り、社員を守り、命を守り、「物資の不足を減らし、避難所の混乱も減少し、減災につなげる」ことを目指す防災備蓄のための収納づくりです

災害食品についてのアンケート集計

いずれかの講座をご受講いただいた方にアンケートのご協力をいただきました。

「防災備蓄の状況と消費方法」からも「ご受講の効果」がおわかりいただけます。防災備蓄収納をはじめるにあたっての参考にぜひご覧ください。

集計内容はこちらから

新型コロナウイルス感染防止対策につきまして

●新型コロナウイルス感染防止に努め、徐々に各講座の開催準備をして参ります。各講師は会場の衛生環境に十分に注意を払って参ります。ご参加くださいます皆々様にも何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。

●会場によりましては、体温や症状などの確認の義務付けや、コロナウイルス感染症対策として感染経路を特定するため、参加者のお名前・緊急連絡先を会場へ提供、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供を指示される場合がありますことを予めご了承ください。

●開催につきましては、地域の状況や政府および厚生労働省の情報から慎重に対応して参ります。急遽中止になる場合がありますことを予めご了承ください。開催有無につきましては各主催者、講師へご確認くださいますようお願いいたします。

防災備蓄収納プランナー協会【SDGs宣言】

2021年(令和3年)3月31日

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会は防災備蓄を実現化させるべく教育を行っておりますが、食品ロスになっている「災害食品」の廃棄ゼロも目指しています。SDGs(持続可能な開発目標)のゴールを目標に出来ることから取り組んで参りますことを宣言いたします。

詳細はこちらから

お知らせ

2021.12.06 マスタープランナーのメディア出演&掲載を更新しました。

2021.12.03 メディア出演&掲載を更新しました

2021.11.29 事業所向けの新講座【職場備蓄管理者】を正式に発表しました。

2021.11.29 協会がおこなっているSDGsを更新しました。

2021.11.29 SBSマガジン バックナンバーを更新しました。

2021.11.25 職場備蓄管理者を追加しました。

2021.11.25 2級講座を追加しました。

・2021.11.15 講演・研修・講座実績を更新しました。

・2021.11.15 SDGsチームメンバーの活動報告&記事紹介を更新しました。

2021.11.08 1級講座を追加しました。

2021.11.08 2級WEB版講座を追加しました。

2021.11.08 SDGsチームメンバーの活動報告&記事紹介を更新しました。

2021.11.01 協会監修【防災セット】(販売元:株式会社イコント様)を発表いたしました。

2021.11.01 代表コラム「2011年にやっていた懐中電灯をランタンにする方法」をアップしました。

2021.11.01 第4回SDGsミーティング報告をアップしました。

2021.10.11 代表コラム「2021年10月7日地震の瞬間、出張帰りのリムジンバスで経験したこと」をアップしました。

2021.10.11 マスターWEB講座を追加しました。

2021.10.11 分類マップ講座を追加しました。

2021.10.11 2級認定講師WEB版座を追加しました。

2021.10.08 代表コラム「災害時に使える?乾電池の残量を知りたい!電池チェッカー」をアップしました。

2021.10.04 マスタープランナーのメディア出演&掲載を更新しました。

2021.10.04 SBSマガジンバックナンバーを更新しました

ブレスレット防災グッズ【つなぐcords】

パラコード(パラシュートに使用する丈夫なコード)で作ったブレスレットタイプの防災グッズです。

さらに、ご購入いただくと被災地応援と障がい者就労支援にもなります!

詳細はこちらから

この協会について

当協会では、防災用品を備蓄するだけではなく、万が一のときにすぐに備蓄品が活用できる状態(収納)にすることを目的として活動を行っています。そのために必要となる防災備蓄の知識や収納技術のスキルを全国に普及させるべく…

>READ MORE

防災備蓄の必要性

東日本大震災発生から1年経った頃、私は、はじめて被災地を訪問しました。その惨状をメディアでは見ていましたが、現地へ足を運び、実際に自分の目で見たその光景は、とても現実とは思えないものでした。その体験が…

>READ MORE