toggle

防災備蓄収納1級プランナー

2日間で高い知識と技術が身に着く!
お客さまに信頼される「備えのある安心の提供者」になれます

専門知識を学び、防災備蓄の収納プランを提供する

防災備蓄収納1級プランナー

防災備蓄収納1級プランナーとは

防災備蓄収納1級プランナーは専門的な知識に基づいて、第三者に防災備蓄準備のための収納プラン考案・提供を行うことが出来るようになります。2級とは異なり、自身の身の周りだけでなく、多くの人に防災備蓄の知識とそれらを収納するプランを提供することにより、防災備蓄準備の社会的普及とビジネスの創造を目指しています。現在のお仕事にプラスアルファの資格としても有効です。

認定講座について

防災備蓄収納1級プランナーの資格取得には、2日間の認定資格講座の受講+課題提出+試験合格が必要です。

*「1級」は更新はありません。

防災備蓄に関する問題点

備蓄に係る都民の意識等(平成26年度東京都調査)

【発災時の避難意識】

ライフラインは停止しているが、自宅が倒壊等の危険がない場合は、自宅にとどまりたいとする傾向にある。備蓄品を活用することによって、または食料は避難所に取りに行くことによって、「自宅にとどまる」と回答した人は77%弱で、年代が上がるほど多くなっている

【備蓄の意識】

備蓄に関する備えや取組が不十分と感じ、必要な備蓄品・量について知りたいと考えている人が多い。「防災用品や食料、飲料水などの備蓄」を挙げた人が54%と最も多い。「どれくらいの量を備蓄したらよいか」を47%が、「どのような防災用品を準備したらよいか」を36%が知りたがっている。

【備蓄品の管理状況】

「備蓄品の賞味期限が過ぎている」または「賞味期限を確認していない」人は約26%で、管理まではできていない人もいる

 

家庭での自助の備蓄取組調査(平成26年度埼玉県危機管理防災部危機管理課調査)

【3日分以上の備蓄率】

53.7%で、年代が上がるほど多くなっている

【3日分以上備蓄をしていない理由】 

「保管する場所がない」34.2%、「面倒である」27.4%、「何を備蓄しておけばよいのか分らない」27.3%、「3日分以上が必要だとは知らなかった」26.9%などの順となっている。

 

家庭での自助の備蓄取組調査(平成26年度埼玉県危機管理防災部危機管理課調査)

3日分以上備蓄をしていない理由として、「保管する場所がない」34.2%、「面倒である」27.4%、「何を備蓄しておけばよいのか分らない」7.3%、「3日分以上が必要だとは知らなかった」26.9%などの順となっている。

 

また、「行政などが提供するもの(食料の配給や避難所での炊き出し等)を期待している」(39.9%)が最も高くなっています。

防災備蓄収納1級プランナーが必要な理由

上記の問題を解決できるのが【防災備蓄収納1級プランナー】です。

 

上記の通り、行政などから提供される物資を期待している人が多いのですが、災害時は流通が止まるなどの影響からも物資が手に入りにくいことの理解がまだまだ足りません。

【防災備蓄収納1級プランナー】は、物資の不足も含めた二次災害を防げるよう人々の防災備蓄準備の意識を高め、減災を目的とした安心な暮らしを提供することを役目としています。

大型地震が懸念される現代、政府でも防災備蓄の必要性を重要視しています。

 

しかし、人々は不安がありながらもどうしてよいのかがよくわからず、防災備蓄の準備に至れずにいます。とくに「備蓄する収納もない」という理由でお悩みのご家庭や事業所が多くあります。

現代はモノが溢れた時代です。災害用品を持つことだけが目的ではありません。持つモノや収納のお悩みを解決するためには、高い知識と技術と自覚を持ち、「万が一」のときに備蓄が活かせる方法を提案、提供を行い、サポートを行う【防災備蓄収納1級プランナー】の存在が必要です。

こんな方におすすめ

防災備蓄収納1級プランナーとしてお仕事を目指される方

住宅メーカーやリフォーム会社でお仕事をされている方

住環境に関わるお仕事をされている方

災害商品に関わるメーカー、もしくは、販売店でお仕事をされている方

マンション管理会社でお仕事をされている方

自治体・マンション管理組合の備蓄ご担当者の方

資格取得の効果

プロ資格として、防災備蓄収納1級プランナーの肩書き表記が出来ます

防災備蓄に限らず、収納プランが提案出来るようになります

安心な暮らしづくりの提案により業務上の信頼性が高まります

地域住民へ防災備蓄の相談役、指導が出来るノウハウを習得出来ます

防災備蓄促進のための事業の創造と拡大が見込めます

【防災備蓄収納マスタープランナー】を目指すことが出来ます

カリキュラム

1. 防災備蓄の意義と防災備蓄収納1級プランナーの役割

2. モノへの意識

3. 災害の備えの提案方法

4. 防災備蓄収納プランの組立て方

5. 防災、耐震についての専門知識

6. 災害が起きた後についての専門知識

7. 天災・家財保険の災害保険について

8. 食事について

9. 乳児・幼児・高齢者の補助について

1級は、防災士・建築士・保険アドバイザーの執筆、日本災害食学会副会長の監修がされています。

受講資格

15歳(中学卒業生)以上であればどなたでもご受講可能です

講師

【長柴 美恵(収納ドクター®)】

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事

COMFORTABLE(コンフォータブル) 代表

【櫻井 澄子】

ナックスペースクリエーション 代表

防災備蓄のための、収納と住まいをご提案する時代です。

講座日程

※認定には2日間の受講と課題提出と試験合格が必要です

NEW

11月24日(土)11月25日(日)東京都港区

[日時]2018年11月24日(土)11月25日(日)9:30~16:30

[会場]会議室ビズトレ!

東京都港区芝5-19-4 芝5ビル5F

[アクセス]

・三田駅(都営三田線・都営浅草線)A7出口より徒歩1分
・田町駅(JR山手線・京浜東北線)三田出口より徒歩3分
・田町駅前バス停(都営バス)より徒歩1分
・浅草線三田駅前バス停(ちぃばす)より徒歩1分

MAPはこちら
[講師]櫻井 澄子

[時間]2日間とも9:30~16:30(試験時間含む)

お申し込みについて・お支払い方法はこちら

NEW

12月11日(火)12月12日(水)大阪府大阪市

[日時]2018年12月11日(火)12月12日(水)9:30~16:30

[会場]新大阪丸ビル本館

大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-5

[アクセス]

新大阪駅東口出口より徒歩2分
JR・地下鉄御堂筋線

MAPはこちら
[講師]代表理事 長柴 美恵

[時間]2日間とも9:30~16:30(試験時間含む)

お申し込みについて・お支払い方法はこちら

※定員8~16名まで(会場により異なります)
最少催行人数に達しない場合は中止になることがございます。予めご了承ください。(その場合、本協会が振込み手数料を負担し全額ご返金いたします。)
※持ち物/筆記用具(ノート・鉛筆)・メジャー・付箋など

料金(全て税込表記)

65,232円(2018年6月改訂)

内訳

受講料:51,840円(2日分)

テキスト他資料代:2,592円(すでにリスト冊子をお持ちの方も同じ)

受験料:5,400円(再受験は別途5,400円)

認定料:5,400円(認定証付)

「1級」は更新はありません。

※テキスト:当日配布

※試験:1日目に出る課題を翌日提出。2日目当日筆記試験(90分)

※認定証発行:合格者に限り試験日より約2ヶ月以内に発送(不合格者には再受験案内を郵送)

※試験料と認定料は先にお預かりします。受験されない方にはご受講終了後にご返金いたします。

お支払い方法

【1】お申込みが正常に完了した場合は自動返信メールが届きます。その後、お申込み確認の返信メールが届きます。

3日(土日祝祭日を除く)以上過ぎても返信メールが届かない場合はご連絡をお願いいたします。

携帯やスマホで受信される場合は必ず[ info@bichiku-shunou.or.jp ]が受信できるように設定をお願いいたします。

【2】前払い(銀行振込 みずほ銀行)となります。

【3】お振込みが確認できましたら再度ご連絡を差し上げますので必ずご確認をお願いいたします。

  • お振込名/ 受講者様のお名前(お申込み者とお名前が異なる場合はご連絡をお願いいたします。)
  • お振込み手数料/ お客様ご負担
  • お振込み期日/ 開催1週間前まで。1週間以内のお申込みも受け付けます。期日は返信メールにてご確認ください。
  • 請求書・領収書/ ご必要な場合は当日お渡ししますので3日前(土日祭日を除く)までにご連絡をお願いいたします。
  • キャンセル/ お振込み後のご返金できませんので予めご了承ください。(但し振替え可能)

[個人情報のお取扱いにつきまして/開示対象個人情報の開示について]の詳細はpdfをご覧ください。

協会認定講師・認定プロとしての実践知識に加え、事業を確立すべきスキルまで学び、協会が規定する評価を得た資格者です

2級の基礎知識を第三者に伝えるスキルに加え、防災・収納設計・保険についても学び、協会が規定する評価を得た資格者です

防災備蓄の必要性と収納の仕組みの基礎知識を自己のスキルアップとして学び得た資格者です

※資格者は全て、階級が表記されています

マスター

協会認定講師・認定プロとしての実践知識に加え、事業を確立すべきスキルまで学び、協会が規定する評価を得た資格者です

1級

2級の基礎知識を第三者に伝えるスキルに加え、防災・収納設計・保険についても学び、協会が規定する評価を得た資格者です

2級

防災備蓄の必要性と収納の仕組みの基礎知識を自己のスキルアップとして学び得た資格者です

※資格者は全て、階級が表記されています

認定資格と講座スケジュールはこちら
認定講座団体お申し込みはこちら
講演・講師依頼はこちら