toggle

【職場備蓄管理者認定講師】資格講座

【職場備蓄管理者認定資格講座】が開催できる!
職場備蓄のプロセスが深く理解できる!

防災備蓄収納の発展に寄与する人材を育てる

職備管認定講師

職備管認定講師とは

【職備管認定講師】資格講座は、防災備蓄収納1級プランナー資格・防災備蓄収納2級プランナー資格・職場備蓄管理者の資格を持ち、【職場備蓄管理者認定資格講座】の認定講師としての人材育成を行う講座です。事業所における『防災備蓄収納』についてより深く学びますので、講師のみならず、安心安全な『防災備蓄収納』コンサルティングも行えるようになります。

資格取得後、職備管認定講師として【職場備蓄管理者認定資格講座】の自主開催や出向講師として活動することができます。防災備蓄の社会的普及に寄与し、防災備蓄収納の発展を目指していきます。

職場備蓄管理者認定講師(略:職備管認定講師)

認定資格について

職備管認定講師の資格取得には、2日間の養成講座の受講+課題試験の提出+試験合格が必要です。

こんな方におすすめ

職場備蓄管理者の認定講師を目指す方

事業所の『防災備蓄収納』のコンサルティングの質も高めたい方

関係各位の社員教育の一環として【職場備蓄管理者】の普及を目指されたい方

講師経験を活かし【職場備蓄管理者】の講座開催を希望される方

現事業の発展に【職場備蓄管理者】の講座開催を希望される方

資格取得の効果

【職場備蓄管理者認定資格講座】の開催ができます

認定講師のみならず、『防災備蓄収納』のコンサルティングが格段に変わります

事業の幅を広げることができます

プロ活動を行う上で信頼性が高まります

当協会のパートナースタッフとしても活動いただけます

受講資格

1)約款を必ず確認し、同意の上で申し込まれる方

2)受講日までに「2級」「1級」「職場備蓄管理者」を受講していること(講師試験日までに1級取得)

3)18歳以上で当協会の趣旨と理念に賛同してくれる方

4)「職場備蓄管理者認定講師」として活動される方

5)協会からの処分を受けていない方

1)~5)を全て満たす方は、個人、会社員等の団体構成員は問いません

講座カリキュラム

第1章 協会認定講師の役割

・講師として知っておくべき心得、姿勢、講座の伝え方、開催にあたっての注意など、認定講師になるための基本を学びます。

第2章 職場備蓄管理者講座の理解

・職場備蓄管理者認定資格講座を進行するための講座の理論と注意点を学びます。

課題試験があり、採点に入ります

受験資格

試験日までに1級資格取得(合格であること)

2日間の資格講座を受講

課題試験の提出

受験有効期限:受講月から1年

試験までに職場備蓄管理者講座のオブザーブ(見学・別途有料)をおすすめします。

本講座を受講しない方はオブザーブはできません。

オブザーブが可能な日は、「代表理事」及び「協会指定講師」が登壇する講座に限ります。

日程は職場備蓄管理者講座の「講座日程一覧」よりご確認ください。

オブザーブ希望である旨を事前にお知らせください。

受験有効期限(1年)が過ぎた場合

【職場備蓄管理者】もしくは【第2章 職場備蓄管理者講座の理解】のいずれかを再受講後、改めて受験をお申込みください。

再受講料11,000円+受験料11,000円=22,000円(税込)

不合格により再試験を希望する場合

再試験料:11,000円(税込)

再試験内容:リモートによる研修

受験内容

職場備蓄管理者講師実技試験(リモート)

筆記試験なし、会場集合なしで行います(ただし、合格後に研修を行います。参加必須)

受講後から約2ヶ月後(日にちは受講者と相談の上決定)

日程が合わない場合は別の試験日でも受験可能

試験合格者

ライセンス契約

  1. 改めて【約款】の確認や認定講座開催にあたっての準備と注意等の説明をいたします。
  2. 研修を1回行います

合格後、上記2つの参加が必要です。

合格者は「Facebook職備管講師グループ」に入っていただきます。連絡事項をお送りしています。

講師

【長柴 美恵】

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事

COMFORTABLE(コンフォータブル) 代表
プロフィール詳細はこちら

講座日程

全日程(12時間)の受講が必要です

試験は別日(講座の約2ヶ月後を予定)受験者と相談の上決定します

定員6名
最少催行人数に達しない場合は中止になることがございます。予めご了承ください。(その場合、弊協会が振込み手数料を負担し全額ご返金いたします。)

本講座はWEB版のみの開催となります。

2022年10月19日・26日 WEB版

[講座日時]2022年10月19日(水)・26日(水)(全時間の受講必須)

[講座日時]全日9:30~16:30

[休憩]昼食60分・午前1回午後2回

[講師]代表理事 長柴 美恵

[試験]zoomによるリモート

[試験日時]最終日から約2ヶ月後(受験者と相談の上、日程決定)

[お支払い]

WEB受講の際のお約束

「WEB版のご受講の際のお約束」にご同意をいただきました方だけのお受付けとなります。

本講座は、無料動画や一方的な放送配信ではなく、会場にお越しいただく講座と同じ意識で開催いたします。ご参加者様にもその旨のご理解をお願いいたします。

1|WEB受講方法

必ずパソコンでのご参加をお願いいたします。(有線LAN推奨)

本WEB講座では「zoom」を使用します。事前に「zoom」アプリのインストールをお願いいたします。 「無料版」でご参加いただけます。 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

セキュリティの安全のため 必ずバージョンアップをお願いいたします。

お名前を確認し、参加の承認をいたしますので、本名でのご参加をお願いいたします。

バーチャル背景や背景のぼかしは禁止とさせていただきます。

お顔の公開をお願いいたします。

通信環境や通信機器、また「Zoom」サービスの設定はご受講者様の責任の下でご準備をお願いいたします。

開催日が近づきましたらWEB講座の招待メールをお送りいたします。 zoomのご準備はお早めにお願いいたします。

2|ご受講に際しての環境

お一人でご受講出来る環境であること(乳幼児の映り込みも不可)

お一人でもイヤホーン(ヘッドホン)とマイクを装着し、外部に漏れない設定であること

スピーカーでの視聴は受付けません

家事や仕事など、別業務を行っていないこと

3|ご受講に際しての禁止事項

食事(水分補給は可)

飲酒、喫煙

他の参加者が気分を害する迷惑行動

他参加者のお名前や情報の公言

お申込者以外のご同席や画面共有

バーチャル背景(ご受講者以外の背景に画像を使用すること)や、背景のぼかし

スマートフォンの使用など、本受講の機器以外の操作や他サイトの閲覧

【ご受講前のお約束】同意拒否(録音、録画、撮影、スクリーンショット、デジタルによる筆記記録など、講座内容がわかるものの保存は一切禁止)

4|ご承諾

終了時間が前後する場合もございます。

郵便物ご返送料、受講の際の備品代、通信料等はご参加者負担となります。

何らかの禁止行為が発覚した際は直ちに退場いただきます。この場合ご受講料の返金は出来かねます。

ご受講者様の通信環境や通信機器、あるいは「Zoom」サービスの障害発生について当協会は責任を負いかねます。下記に記載の「ご事情による欠席について」の対象になります。

申込みフォームの最後「WEB版のご受講の際のお約束」に同意のチェックが無い場合はお申込みをお受付け出来ません。

期日までに必要書類のご返送がない場合はご受講いただけません。この場合、ご受講料はご返金出来かねます。

5|お申込みから当日までの流れ

1)申込み締切り:開催約4週間前(9/21)

2)お支払い期日:開催約4週間前(9/22)

3)申込書等の必要書類事前発送:お支払い期日から3~4日以内に郵便でお届け(9月末日頃)

4)書類ご返送必須:到着から3日以内にご投函を目安10/5必着

返送指示に沿って必要資料を期日までに当協会宛てに郵便にてご返送ください

 

5)テキストおよび必要資料:開催前日までにお届け

6)WEB講座招待URL:回ごとに前日までにメールで連絡(期日までに必要資料が協会へ届いた方のみ)

*期日までに必要資料のご返送がない場合はご受講いただけません。この場合、ご受講料はご返金出来かねます。

ご用意

筆記用具(ノート・鉛筆など)

イヤホン(もしくはヘッドホン)とマイク(声が聞こえること)

職場備蓄管理者テキスト

モニター版のテキストをお持ちの方は正規版をご購入下さい。お申込み時に備考欄にその旨の記載をお願いします。

料金

92,400円(税込)

内訳(税込表示)

受講料:66,000円(2日分)

テキスト他資料代:4,400円(2日分)

受験料:11,000円(再受験毎11,000円)

認定料:11,000円(カードの認定証付)

職場備蓄管理者正規版テキスト:別途2,200円

※講座開始までに、2級・1級・職場備蓄管理者の受講が必要です。認定証は後日到着でも大丈夫です。

※本講座テキスト/講座日までに事前郵送

※講座のみの受講はできません。受験とセットになりますので受験されない場合でも試験料のご返金は出来かねます。予めご了承ください。

受験有効期限/上記「受験資格」参照

オブザーブ料/別途3,300円(任意:1回毎・WEB版も可)

キャンセル料/下記参照

※試験日は受講者と相談の上、後日決定します。(約2ヶ月後を予定・東京会場のみ)

※試験から約2ヶ月以内に認定証を発行(合格者のみ)

お支払い方法

【1】お申込みが正常に完了した場合は自動返信メールが届きます。その後、お申込み確認の返信メールが届きます。
3日(土日祝祭日を除く)以上過ぎても返信メールが届かない場合はご連絡をお願いいたします。
携帯やスマホで受信される場合は必ず[ info@bichiku-shunou.or.jp ]が受信できるように設定をお願いいたします。

【2】前払い(銀行振込 みずほ銀行)となります。

【3】お振込みが確認できましたら再度ご連絡を差し上げます。

●お振込名/ 受講者様のお名前(お申込み者とお名前が異なる場合はご連絡をお願いいたします。)
●お振込み手数料/ お客様ご負担
●お振込み期日/ 上記の『5|お申込みから当日までの流れ参照。返信メールでもご確認ください。

●請求書・領収書/ ご必要な場合はお申込み時に入力をお願いいたします。

職備管認定講師資格講座のキャンセル料について

お振込み後のご返金はできませんので予めご了承ください。

講座のみの受講は出来ません。試験とセットになりますので受験されない場合でも試験料のご返金はできかねます。予めご了承ください。

お振込み前後に関わらず、開催日14日以内のキャンセルは100%

 

[例えば、開催日が10月20日・21日の場合:14日前とは10月6日、15日前とは10月5日]

  • 14日前~当日100%
  • 15日前まで無料(振込み済みは返金不可。1回限り振替え可能)

ご事情による欠席について

遅刻、途中退席、1日欠席の場合、受験は出来ません。

欠席分のご返金は出来ません(事情によっては日程変更要相談)

1回限り次回にお振替が可能です。ただし、開催状況によってはさらに次の開催時にお願いする場合がございます。予めご了承ください。

中止・日程変更について

万が一、講師が感染症及び悪疫の感染による隔離、天災地変などにより本講座が不能な場合は、中止、もしくは、日程の変更を検討いたします。中止の場合、御者・弊社何れも違約金は発生ぜず、お預かりしました未受講分は順次返金いたします。

個人情報のお取扱いにつきまして

お申込み講座の資格について

お申し込みボタンを押す前に[職場備蓄管理者認定講師資格について]のPDFを必ずお読みください(全2ページ)

確認必須

職場備蓄管理者認定講師資格は当協会と資格者個人との契約になります。本資格者が役員もしくは勤務する事業所、所属団体等、関係者で共有することは一切禁止です。

「職場備蓄管理者認定講座」は当協会に無断で開催することは出来ません。

「職場備蓄管理者認定講座」は認定証の発行をせずに開催することは出来ません。

他、約款要件に同意にて誓約いただきます。

認定講師【約款】

受講から合格後の活動、更新等においての契約事項です

効力発生日2022年7月1日

職備管認定講師に係る覚書

お申し込みボタンを押す前に[職場備蓄管理者認定講師に係る覚書]のPDFを必ずお読みください(全2ページ)

開催に係る料金や更新方法や料金について記載しています。本文は合格後に契約を交わします。

WEB版のご受講の際のお約束​

本ページ上部の[WEB版のご受講の際のお約束​]1~5をご確認ください。

お守りいただけない場合はご受講はできかねます。特に期日にはご注意ください。

※資格者は全て、階級が表記されています

協会指定講師

マスターの資格を持ち、さらに2級講座の協会指定講師として評価を得た資格者です

マスター

協会認定講師・認定プロとしての実践知識に加え、事業を確立すべきスキルまで学び、協会が規定する評価を得た資格者です

2級認定講師

1級・2級の資格を持ち、2級講座の講師として、協会が規定する評価を得た資格者です

1級

2級の基礎知識を第三者に伝えるスキルに加え、防災・収納設計・保険についても学び、協会が規定する評価を得た資格者です

2級

防災備蓄の必要性と収納の仕組みの基礎知識を自己のスキルアップとして学び得た資格者です

認定資格と講座スケジュールはこちら
認定講座団体お申し込みはこちら
講演・講師依頼はこちら