toggle
2022-07-11

コープみらい様本部でフードドライブ活動についてお聞きしてきました

2022年4月、『フードドライブ』の活動されている埼玉県のコープみらい様のコーププラザ浦和様へお邪魔し、お話しをお伺いしてきましたのでご紹介いたします。

●フードドライブとは?

ご家庭に保管されたままの食品を提供いただく取り組みです。

ご自宅にある食品をコープみらい様の施設や店舗へお持ちいただき、コープみらい様と提携されている団体を通じて、生活に困窮している方々にお配りする仕組みです。

全国各地で「フードドライブ」の活動されている団体や企業があります。市区町村単位で異なりますのでご確認ください。

●廃棄ゼロにする方法と食品を活かす方法

2.飢餓をゼロに

災害食品で救える命がある

12.つくる責任つかう責任

災害食品の廃棄ゼロを目指す

●フードドライブの協力方法

コープみらい様の施設や店舗では、食品寄附BOXが設けられています(各所でBOXの形態は異なります)。そこに食品を入れておくだけです。

©コープみらい

●寄付いただきたい食品

・缶詰・レトルト食品・インスタント食品
・パスタ・そうめんなどの乾麺
・お米・のり・お茶漬け・ふりかけ
・調味料(しょうゆ、食用油、みそなど)

×ご注意ください 以下の食品はお預かりできません

・賞味期限(精米日)が明記されていない食品
・賞味期限が2カ月未満の食品
・開封されているもの
・生鮮食品(生肉・魚介類・生野菜)や常温で保管できないもの

●相手を想ってみんなで守ろう!

・期限を守ろう!

・パッケージがつぶれていないものを!

「あげるから何でも良い」ではありません。「必ず誰かが食べる食品」です。

寄附される方、預かってくれる方、回収してくれる方、沢山のチカラがあって必要とされる子どもや大人へ届きます。相手を想う気持ちを大切に私たちは協力していきたいですね。

 

防災備蓄収納プランナー協会

代表理事 長柴美恵

●埼玉県内30カ所のコープ施設

・コーププラザ春日部(春日部市中央1-4-1)
・コーププラザ越谷(越谷市南越谷5-4-37)
・コーププラザ浦和(さいたま市南区南本町2-10-10)
・コーププラザ富士見(富士見市東みずほ台1-2-9)
・コーププラザ所沢(所沢市若松町826-7)
・コーププラザ川越(川越市南通町4-4)
・コーププラザ深谷(深谷市上柴町西1-23-4)
・コーププラザ大宮(さいたま市北区日進町3-493-1)
・コープ春日部店(春日部市谷原3-8-1)
・コープ東岩槻店(さいたま市岩槻区南平野3-14-3)
・コープ北越谷店(越谷市東大沢2-5-1)
・コープ浦和東店(さいたま市緑区中尾550-1)
・コープ武蔵浦和店(さいたま市南区曲本4-4-7)
・コープ幸町店(志木市幸町1-18-28)
・コープ新所沢店(所沢市花園3-2371-9)
・コープ武蔵藤沢店(入間市東藤沢3-4-1)
・コープ狭山台店(狭山市狭山台2-29-1)
・コープ深谷店(深谷市栄町3-23)
・コープ熊谷店(熊谷市大字肥塚1-1-40)
・コープ指扇店(さいたま市西区指扇1049-1)
・コープ北本店(北本市本宿5-89-1)
・コープ早稲田店(三郷市早稲田4-12-1)
・コープ上木崎店(さいたま市浦和区上木崎7-6-7)
・コープ南浦和店(さいたま市南区根岸2-11-12)
・コープみずほ台店(富士見市東みずほ台3-24)
・コープ大宮中川店(さいたま市見沼区中川1127-1)
・コープ今泉店(上尾市川275-1)
・コープ二ツ宮店(上尾市二ツ宮927-1)
・コープ桶川店(桶川市坂田東3-27-7)
・コープ高階店(川越市砂新田383-2)

*2022年7月11日現在

©コープみらいコープ春日部店

●コープみらい「フードドライブにご協力ください」

©コープみらい

『食品を廃棄させない』ということは誰かが食べるということです。

それは自分であり、家族であり、友人や職場の方たちであり。

しかし、食べきれないほど抱えてしまったり、好みでない食品は手が出せなかったり。そうこうしているうちに食べられない状態になり、廃棄するという流れになってしまいます。これを食い止めなければなりません。

『食品を廃棄させない』方法は、自分が消費するだけはなく「寄附する」という方法もあります。食品が活かされます。

それを求めている人がいることも私たちは忘れてはなりませんね。

この度ご面談いただきました埼玉県本部ご担当者様、ご多用中貴重なお時間をいただきありがとうございました。

代表理事 長柴美恵

災害食品を廃棄させないプロジェクト

Facebookグループページで『災害食品を廃棄させないプロジェクト(防災備蓄収納プランナー協会SDGsチーム)』があります。防災備蓄の普及とともに、SDGs「12」の食品ロスの1つとして『災害食品の廃棄ゼロ』を目指して取り組んでいる私たちの実際を発信していますので、どうぞお気軽にグループにご参加ください。

関連記事