toggle

職場備蓄についてのアンケート集計(2022年1月)

職場備蓄管理者の講座をモニター受講された方に「職場備蓄と職場環境について」のアンケートにご協力いただきました。お名前は伏せて発表いたします。

*2021年10~12月・モニター受講者・回答33名

本データは、アンケートにご協力いただきました方々からの貴重なデータです。データの無断使用、無断公開は一切お断りいたします。

◎開始前の事前アンケート

防災備蓄の管理についてお困り、お悩みは何ですか?

  • 必要性が感じているがどこからはじめたらよいかわからない(3.2%)
  • 収納の空きスペース(9.7%)
  • 置き場所と管理(22.6%)
  • 高齢者施設の利用者の分がない(3.2%)
  • 出向先に備えがない(3.2%)
  • 数と環境管理ができていない(実際は3.2%)
  • 救護用具について(3.2%)
  • モノと量(16.1%)
  • 家庭備蓄と職場備蓄のちがい(3.2%)
  • 足元の危険が多い(3.2%)
  • 食品管理(9.7%)
  • 担当者が知識がない(3.2%)
  • 事業所に仕組みがない(3.2%)
  • 担当者がいない、もしくは明確でない(3.2%)
  • 無回答(16.1%)
  • とくになし(6.5%)
  • 数と環境管理ができていない(3.2%)
  • 知識がゼロなので全て吸収したい(3.2%)

(1)性別

男性(39.4%)

女性(60.6%)

(2)現在の年令

20歳代(9.1%)
30歳代(18.2%)
40歳代(33.3%)
50歳代(36.4%)
60歳代(3.0%)
70歳代(0%)

(3)職場の都道府県

●北海道3人 ●兵庫県3人 ●千葉県3人 ●大阪府1人 ●山口県1人 ●山形県1人 ●岡山県1人 ●愛知県1人 ●新潟県1人 ●東京都13人 ●熊本県1人 ●石川県1人 ●神奈川県2人 ●茨城県1人

(4)ご職業

会社経営/自営業(21.2%)

フリーランス(3.0%)

会社員(職員)(51.5%)

パート(3.0%)

公務員(6.1%)

学生(0%)

ビル総合管理業(3.0%)

無職(3.0%)

主婦(3.0%)

フリーおよび職業訓練中(3.0%)

町役場会計年度任用職員(3.0%)

(5)職種

●事務職7人

●人事・労務1人

●医療1人

●保育士1人

●介護士1人

●行政1人

●ビル管理・電気主任技術者1人

●ビルメンテナンスサービス2人

●小売業・メンテナンス業1人

●清掃業2人

●プール施設管理・警備1人

●建築・住宅1人

●建築士・福祉住環境コーディネーター1人

●内装・インテリア1人

●整理収納アドバイザー1人

●専門商社1人

●製造販売1人

●経営、BCPコンサルタント1人

●講師1人

●技能職3人

●テープ理ライター1人

●主婦1人

●無職1人

(6)部署

●なし3人

●代表3人

●総務部2人

●受付助手事務1人

●経理1人

●営業7人

●事業推進本部1人

●ビル運営1人

●管理5人

●製造部2人

●危機管理防災総室1人

●安全衛生指導部1人

●保健センター1人

●保育1人

●デイサービス1人

●主婦1人

●無職1人

(7)業務環境

職場内(60.6%)

テレワーク(6.1%)

外回り(車移動)(6.1%)

外回り(交通機関)(9.1%)

職場以外で同じ会社(施設)に出向(0%)

職場以外で毎回異なる会社(施設)に出向(9.1%)

自宅および講習会場(3.0%)

無職(3.0%)

主婦(3.0%)

自宅もしくは訓練施設内(3.0%)

基本は職場内だが、週2~3回程度クライアント企業にも往訪する(交通機関利用)(3.0%)

出社・在宅・サテライトオフィス(3.0%)

(8)防災や備蓄について職場から指導を受けたことがありますか?

はい(33.3%)

いいえ(66.7%)

(9)業務中に「もし大きな災害が発生したら?」と考えることはありますか?

ない(0%)

あるが、真剣に考えたことはない(42.4%)

日々考え、不安に感じている(57.6%)

(10)職場の備蓄はありますか?

ない(18.2%)

水くらいならある(6.1%)

水も食品もあるが足りているかはわからない(30.3%)

水も食品も人数分はある(12.1%)

水、食品、トイレの凝固剤も含めて自治体の指導通りは用意してある(9.1%)

個人の備えも含めて用意してある(12.1%)

無職だが、自宅に水や食品トイレの凝固剤は用意してある(3.0%)

個人分も一応配布されているが更新されていない(3.0%)

水と食品もしてあるけど少ないのと、利用者分がないので追加で考えています(3.0%)

職場なし(3.0%)

避難所として避難者用の備蓄のみ(3.0%)

訓練施設内の準備状況は不明(3.0%)

(11)職場備蓄の保管場所を知っていますか?

職場備蓄はない(15.2%)

知らない(9.1%)

一部を知っている(15.2%)

おおよそ知っている(39.4%)

指導を受け、全員知っている(12.1%)

職場なし(3.0%)

最近備蓄をいたため担当は決まっていない(3.0%)

自宅にて私だけ知っている(3.0%)

(12)職場備蓄は管理されていますか?

職場備蓄はない(18.2%)

わからない(12.1%)

されていない(3.0%)

だれかがしていると思う(27.3%)

担当者が定期的にしている(18.2%)

今まで誰もしていなかったようなのでやってみようかと(3.0%)

職場なし(3.0%)

最近備蓄をしたため担当は決まっていない(3.0%)

されているが詳細は不明(3.0%)

私がしている(3.0%)

私が管理している

別のスタッフに任せているが備蓄を始めたばかりで定期点検ができていない

(13)職場備蓄の食品や水の消費方法を教えてください

職場備蓄はない(18.2%)

わからない(15.2%)

従業員に配布(27.3%)

職場で食べている(12.1%)

イベント等で調理配布(3.0%)

寄附をしている(3.0%)

廃棄している(3.0%)

昨年は従業員に配布しましたが、今後は利用者分も増えるのでイベント食なので使えればと思っています(3.0%)

職場なし(3.0%)

まだ消費したことがない(3.0%)

不明(3.0%)

「従業員に配布」と「職場で食べている」の両方(3.0%)

使っている(3.0%)

従業員に配付または社内イベントにて使用予定(3.0%)

(14)帰宅が不可能となった場合、安心して待機できる職場ですか?

不安しかない(21.2%)

安心している(15.2%)

考えたことがない(18.2%)

防災や備蓄の指導を受けているので心構えもあり、環境からも安心できる(15.2%)

ある程度は待機できると思うが、少しでも状況が良くなったら帰宅したい(3.0%)

備蓄品は無いが避難所に指定されているので待機は可能な状態(3.0%)

デイサービスなのでなんとかなるだろうとは思う(3.0%)

職場なし(3.0%)

災害対応のため、帰宅しない(3.0%)

どこまで考えているのかはわからない(3.0%)

自分の防災準備はしっかりと行っているので大丈夫(3.0%)

倒壊が心配(3.0%)

どうにかなりそうだが不安もある(3.0%)

多少の懸念はあるが従業員については乗り切れるものと思う。コワーキング利用者様に適切なご案内ができるかは不安が残る(3.0%)

(15)職場備蓄について職場の不安や要望は何ですか?

定期点検が必要と感じた
備蓄品の数量が十分確保されているか?
どのような管理をしているかわからず、食品ロス防止についても寄附をするのかどうかも知らない。
職員は有事の際に職場に残ったり避難所の業務と職場に滞在する可能性は高いので、水や食品の備蓄は検討して欲しいと思います。現在、避難者への配給品は本庁で管理されていますが母子用の備蓄品に関しては当センターが行えない物かと感じております
食べ物はあっても携帯トイレはなく(私個人は持ち歩いているし車にも積んであります)、そもそも危機感がないなと思っています。
管理者がいない
備蓄が足りていないこと
家事や洪水で備蓄が流された場合。
現状はわからない
職場の平均年齢が高い(高齢者が多い)
生活用品がない
行政という立場上、職員用の備蓄は困難
地震防止
地震防止対策
商品などの在庫等が多すぎると感じている
コストがかかりすぎる
職員と訓練生が数日過ごせるかははkkりしない
備蓄品の管理は担当者が随時行っていて、賞味期限が切れて廃棄することはしていないと思うが、管理表を作り、社員に配布して終わりになっている。また、職場としての備蓄はなされているが個人の備蓄は誰もやっている人がいないと思います。(備蓄担当者含め)
自宅以外での仕事の時は、どのような状況になるかわからないので不安。
備蓄品、蓄電・発電、感染対策など、災害対策の最新ソリューションが集結
子ども目線での備蓄がされているのか不安
なにが保管されているのか知らないこと
本社が大阪にありますので、たぶんしっかりと備蓄は行っていると思いますが、地方の営業所では、予算等でしっかりと行っていないと思われるので、不安です。しかしながら、不安と従業員が不安に思っていないのでその点も不安です。
不足分の充足および周知
災害が起きて被害が出た場合の対処などが不安要素です。社員個人の防災備蓄の意識が不明でバラバラなので、防災全般に意識を向けて欲しい。
防災防災担当者はいるが、義務化されてないせいか備蓄について明確な担当が位置付けられていない
本社にいる際の職場備蓄に関して不安・要望はない
人数分の備蓄がされているかわからない
備蓄用品でまだ用意していないモノがある
コワーキングスペース運営という業態上、スタッフ以外の方が帰宅困難になる恐れがある。定期利用者であればまだしも、初めてお会いする方もいらっしゃる可能性があり、災害時に居合わせた人員で安全に乗り切れるか不安が残る。

(16)講座について

不満(0%)

理解出来なかった(3.0%)

なんとなく理解出来た(39.4%)

よく理解出来た(57.6%)

(17)学べて良かったこと

詳しい情報を教えていただきました
自宅の備蓄と内容が異なってること
備蓄品を管理する配置場所・量とスペースのところ。
家庭と職場との備蓄の違い。職場ならではの備蓄品と方法について知ることができた。
行政としては住民分の備蓄は在るけど職員の備蓄は考えて無かったと思います。そこに関して担当者へ聞いてみたいと思いました
普段、フードパントリーなどのお手伝いもしていますが、食品検査の件は初めて知りました。
点検とモニタリング調査を行う項目が定められていて、何に注意すべきかが明確になる仕組みだったこと。
感染症や食中毒について
災害時への危機感という意識が高まったこと
職場備蓄の項目が自分の予想より多い事。またその必要性を感じた事。
必要な備蓄や理由について
実際の備蓄に対する真剣に取り組む必要性
現時点で会社に足りない部分がわかったこと。また、仕事ととしても興味がもてたこと
備蓄品の保管や定期点検
学ぶことが出来て良かった
今後仕事として必要になってきてはいるので、色々調べたいなと思いました。
関係事業者や法人をイメージしながら学ぶことができ、見落としている事の気づきを得る事ができた。
実際に企業や自治体などで担当者として活動する場合の最低限は学べたと思いますが、一生の勉強かもしれません
家庭と職場の備蓄の仕方や品物の違い、社内のどのような場所に管理すると分かりやすいのかを学べてよかったです。
家庭備蓄との違い。色々な収納場所があり、それに伴って管理の方法もいろいろあるということ。
自宅の見直し箇所がわかったことが学べて良かった。
備蓄を『つかう責任』があるという観点(廃棄ゼロ)、分類マップの家庭備蓄との違い
定期点検について
事業所の備蓄管理が体系化されて良かったと思います。
職場ならではの備蓄する種類
職場での防災備蓄の理由や重要性が学べたことが良かった。さらに、定期点検シートがあり具体的に行う事が明確になったこと。
ワークから、担当者の役割を明確にする方法を教えていただきました。
職場での備蓄に関して、改めて知識を確認できたこと
知識を得られた
備蓄するにあたって必要な物資の例や帰宅困難者の知識
自宅と職場備蓄との違いがよくわかりました
職場備蓄の考え方、点検方法

(18)最後までアンケートにご協力いただき誠にありがとうございました。他に一言ありましたらご記入ください。

お疲れ様でした。モニター講座とのことでしたが、過不足ない内容だと思いました。
改めて、本日はお疲れ様でございました。職場備蓄管理者受講のご案内メールをいただき受講するべきかどうか考え、「家庭の備蓄と職場の備蓄とは異なります」というのを目に留まり、「受講するべきだ」と考え、受講することとなりました。この選択は間違っていなかったと改めて思うようになり、大変勉強になりました。本日は誠にありがとうございました。
長い時間の講座ありがとうございました。
ZOOMで講師と参加者の双方向性がない講義中は参加者はミュートにした方が良いかと思いました。本日、家の近くで工事があり音が心配になったのと他参加者の環境音が聞こえ気になりました。
来月、1級を予定しております。宜しくお願い致します。有難う御座いました。
今日はありがとうございました!。備蓄一覧の調理のところに、どのような状況で食事の提供になるのか分かりませんが、マスクが必要かな、と思っています。
受講者の意識向上のためにも情報交換の場があると嬉しい。職場備蓄管理者の認知度・価値向上のためにも、宣伝できるようなパンフレットなどがあると良いなと思います。
貴重なお話をありがとうございました。
現在行われている危機管理等に防災備蓄収納プランナー協会が出店して欲しい。
本日はありがとうございました。備蓄の指標を考える機会となりました。
本日はありがとうございました。来週の2級の講習が楽しみです。今後も宜しくお願いいたします
長時間にわたりご指導いただきありがとうございました。
素晴らしいです。
素晴らしいです。ありがとうございました。
ありがとうございました
質問8~23までは、関係している法人の状況で回答しています。
今後テストを伴う1級プランナーなど、ほかの資格も学べるとうれしいです
アンケートが開けず大変お手数をお掛け致しました。おそらく会社の業務で他にGoogleを開いていたからうまく開けなかったのかと思います。マスタープランナーの説明会の後のメールに丁寧にご返信をいただきありがとうございました。昨年、防災備蓄収納1級プランナーを取得した時から、何回か長柴先生のお話を聞かせていただいておりますが、毎回興味深く、いずれは私も、”防災備蓄の重要性を伝えていく側”になりたいと強く思います。すぐにはなれませんが、まずは少しずつ、自分の家の防災備蓄から始めていく予定です。またお会いできるのを楽しみにしております。本日は本当にありがとうございました。
一日ありがとうございました。
参考になりました。ありがとうございます。
長時間の講習ありがとうございました。お話の構築がわかりやすく、聴きやすかったので助かりました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
お疲れ様でした。参考になりました。ありがとうございました。
ランクは5が最良で、点検数を20個にして計100点が良いと思います。
本日はありがとうございました。職場での備蓄について学ぶことが出来ました。これを機会に考え、少しずつ取り組んでいきたいと思います。
本日はお世話になり、ありがとうございました。
本日はありがとうございました。あくまでも個人的な感想ですが、本講座は職場備蓄管理者としての知識を得る講座と今後コンサルをしたい人向けに講座を分けた方が受講者満足度があがるのではないかと感じました。
ありがとうございました
本日はありがとうございました。
今日は一日ありがとうございました。早速、身の回りから始めていこうと思います。
本日はありがとうございました。

この度のご受講とアンケートにご協力いただきまして誠にありがとうございました。

改めまして御礼申し上げます。

 

働く立場の多くの方が職場に不安をもたれていることがこのアンケートでもわかりました。災害対策がされてない事業所には訪問する側も躊躇するのではないでしょうか。

従業員は職場備蓄の取組みを求める意思表示をする、企業経営者や事業所の責任者は従業員に教育をする。どちらにしても、職場備蓄の必要性を知る側から呼びかけ、互いが協力し合い、前進されていかれますことを期待しております。

防災備蓄収納プランナー協会は、今回のデータをもとに職場備蓄管理者の普及に専念し、皆さまとともに減災を目指していきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

 

代表理事 長柴美恵

本データは、職場備蓄管理者の講座にご受講いただきました方々からの貴重なデータです。データの無断使用、無断公開は一切お断りいたします。

 

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

認定資格と講座スケジュールはこちら
認定講座団体お申し込みはこちら
講演・講師依頼はこちら