toggle
2018-10-30

2018年10月『ハウスキーピング協会フェスティバル2018ブース出店』報告

2018年10月26日、27日の2日間に渡り、東京都の両国にあります国際ファッションセンターにて、ハウスキーピング協会主催『整理収納フェスティバル2018』が開催され、一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会は昨年に続き、今年もブース出展をいたしました。たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
また、『一般社団法人 事前防災推進協会』様より弊協会がアテンドのお手伝いのご依頼をいただき、防災備蓄収納マスタープランナーが担当させていただきました。こちらも大変御盛況でした。

◎1日目

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会ブースで、防災備蓄収納マスタープランナーたちがスタッフを担当しています。

1日目9:00集合。ゼロからの準備のためやることがたくさんあります。早めに到着した『一般社団法人 事前防災推進協会』様のアテンド担当の熊田マスターと山岡マスターも準備を手伝ってくれました。

時間までに準備は完了しましたが、一息つく暇もなく、大勢のお客様が立ち寄ってくださいました。講座の説明から、商品の説明まで、途切れることがなく、大盛況の1日目となりました。

素敵な方々もお越しくださいました。

1日目のスタッフ

●防災備蓄収納マスタープランナー

・牧 優美

・今村 圭子

・黒澤 恵子

◎2日目

2日目も9:00集合。今日は、早めに到着した『一般社団法人 事前防災推進協会』様のアテンド担当の堀中マスターが準備を手伝ってくれました。

2日目は少々緩めのにぎわいでしたが、それでもたくさんの方がお立ち寄りくださいました。ありがとうございました。

今日も素敵な方々が来て下さいました。

2日目のスタッフ

●防災備蓄収納マスタープランナー

・関島 のり子

・三島 愛

・北井 広美

 

神村マスターと堀中マスターが片付けを手伝い、無事2日間を終了することが出来ました。

◎販売商品

プチ防災グッズとして、たくさんお買い上げいただきました。ありがとうございました。

●WEBからご注文は50個単位ですが、イベントでは1個単位でご購入出来るチャンスなので、自身のバッグ用にとご購入された方が多かったです。

売上げの20%、7,540円を被災地の福島県に災害復興寄附金を寄附いたしました。受領書が届きましたら公開いたします。WEBからの売上げは10%を寄附して参ります。

◎一般社団法人 事前防災推進協会様

●アテンド担当:防災備蓄収納マスタープランナー

・山岡 麻子

・熊田 明美

・堀中 里香

・神村 咲妃(かみむらさき)

●事前防災推進協会様では、自らの実験で立証した耐震グッズを推奨されています。メイン商材は冷蔵庫などの大型も倒さない『不動王ホールド』。クッションにより振動を吸収するため、クロスごと剥がれる心配がないとのことです。また、簡単に付けやすい扉開閉防止の『ラッチ』も展示されていました。

●アンケートに応えて『不動王耐震シート』をプレゼントされていました。着色水を入れたペットボトルでその強度を展示されていました。こんなに揺れても倒れない。簡単に外れるのに、また付いて倒れない強度は圧巻です。これなら家電、花瓶、置物などにも安心ではないでしょうか。

さすがは防災備蓄収納マスタープランナー。個人的に興味津々の様子でしたが、アテンドの役目をしっかりと努め、高い評価をいただき、2日間の担当を無事終えることが出来ました。

●詳細は⇒ 一般社団法人 事前防災推進協会

◎耐震家具『Toy Wall』様

今年2月にもの、『第1回SBSセミナー【自分と家族を守る備えの極意】』にもご出展下さった『Toy Wall』様との出会いは、1年前のこのフェスティバルでした。この1年間の間に細かなパーツが増え、デザインや色も増えていました。まさに「耐震×自由×収納」

今はもう、見た目の悪い「耐震対策」ばかりではありませんね。

●詳細は⇒Toy Wall®ism

◎懇親会

全員参加出来ず残念でした。2日間お疲れさまでした。

 

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会は、これからも明るく、前向き、真剣に、防災備蓄の普及を目指して参ります。また何かのイベントでお会いしました際はどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事